■プロが教えるボウリング上達法 口コミ人気ランキング

 1位 山本幸治プロの<東大式ボウリング上達法>
 ・【200オーバーを連発する方が続出】投げ方・コツ・動画講座
 ・東京大学卒初のプロボウラーが公開した上達マニュアル!
 ・プロの直接技術指導をはじめ今だけ5大特典をプレゼント中!
 ・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆    >>>詳細を見る

 2位 矢島純一プロのボウリングパーフェクトストライク上達法
 ・日本トッププロボウラーの矢島純一プロの人気のマニュアル
 ・スコア80の素人でもアベレージ170まで簡単に上達できる!
 ・10万人以上のボウリング愛好者を指導した実績が人気の秘密!
 ・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆    >>>詳細を見る

 3位 西村・松岡のプロの超速ボウリング攻略法
 ・西村・松岡の両プロの徹底的な上達サポートで人気のマニュアル
 ・30日でプロ・ボウラー並みのスコアに成長する【3つの秘密】
 ・個別動画診断やスコアアップDVDなど先着20名様で5大特典
 ・管理人お勧め度 ☆☆☆☆     >>>詳細を見る


>>>山本幸治プロが教えるボウリング上達講座<<<

 

■ボウリングボールの持ち方


ボウリングのボウルの持ち方は、いろいろありますが、 もっとも基本の持ち方としては3種類を挙げることが できます。その3種類とは「コンベンショナルグリップ」 「セミフィンガーグリップ」「フィンガーチップ」です。

それぞれの持ち方に特徴やクセ、メリット・デメリットが 存在しています。したがって、一概にどの持ち方が良い とか悪いとかはいえませんが、まずは1つ1つの持ち方に ついての特徴を詳しく見ていくことで、自分のボールの 持ち方を考えるうえでの参考にしていきましょう。それでは さっそくこの3種類の持ち方の特徴を説明します。

まず、コンベンショナルグリップですが、この持ち方が もっともオーソドックスな持ち方といわれています。 この持ち方は、具体的には中指と薬指を第二関節まで 入れて持ちます。コンベンショナルグリップの特徴は、 指の第二関節の部分までボールの穴に指を入れてしっかり とボールを持つことので、ボールをしっかりとホールド することができることといえるでしょう。

そのためボールをフックさせるときにも非常にやりやすい ので便利です。また、一般的に皆さんが良く行くような ボウリング場においてあるハウスボールはコンベンショナル グリップで投げるのに最適化されて作られています。とくに ボウリング初心者の方は是非ともこのコンベンショナル グリップで投げるようにしましょう。

他の2種類の投げ方は、いわばコンベンショナルグリップ の応用です。コンベンショナルグリップで投げれないなら、 他の持ち方もきっと出来ないことでしょう。無理をしないで 確実にステップアップしていきましょう。

■ボウリングはプロに基礎から学ぶのが一番上達する!


アメリカのPBA公認のプロボウラーとして多くの競技ボウラー達を指導!
テレビで有名な東大卒プロボウラー山本幸治プロのマニュアルが人気

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


 ・【200オーバーを連発する方が続出】
 ・山本プロによる投げ方・コツ・動画講座
 ・東大卒プロボウラー初の上達法マニュアル
 ・プロからの直接の技術指導特典をはじめ
  各種お得な特典を配布のキャンペーン中!




■本サイト人気コンテンツ

★ 正しいボールの選び方
★ 正しいボールの持ち方
★ 投げ方〜構え〜
★ 投げ方〜ステップ〜
★ 投げ方〜リリース〜
★ 投げ方〜そのほか〜